紅茶について

実は紅茶も、日本茶も烏龍茶もみんな同じ木なんだよ。学名は「カメリア・シネンシス」といいます。
でも紅茶も日本茶も烏龍茶は、味も香りも違いすぎる・・・なのに同じ木というのはなんだか信じがたいが、本当に同じなので信じるしかない。

じゃあ何が違うのだろうか?それは作り方の違いです。
紅茶は、完全に発酵させます。烏龍茶は、発酵を途中でやめてしまったもの。日本茶は、発酵をしていないもの。
だから烏龍茶は、日本茶と紅茶の間の色なのね。ちょっと納得です。

紅茶に使うお茶の木は、大きく分けてインド種と中国種に分かれます。インド種(アッサム種ともいう)は、先端が尖っていて、葉が大きいです。中国種は、葉が小さ目で、先端も丸みを帯びています。

インド種で有名なのは、アッサムやダージリンじゃないでしょうか?アッサムなどは栽培している地方の名前です。ダージリンは「紅茶のシャンパン」とも言われている銘柄です。日中と朝夕の温度差が激しく、何度も霧がでる地方です。そういった独特の気象条件が生み出した味わいです。
アッサムは、大量の雨が降り、川からの水蒸気が葉っぱを湿らせます。この水分が独特の渋みを作り出します。

産地として有名なのは、スリランカ、中国、ケニア、ジャワなどがあり、日本でも紅茶は作られます。
日本は「べにふうき」というものが有名だと思います。ただあまり数がないのと、他の紅茶よりは割高ですね。でもとても美味しいそうなので一度は飲んでみたいナと思います。

その他に「フレーバーティー」や「ブレンドティー」も有名ですね。
フレーバーティーと言えば何と言っても「アールグレイ」でしょう。ベルガモットの香りが何とも言えません。最初は独特すぎて飲めなかった私でも今では「アールグレイ」好きになりました。病み付きになる味わいですね。
あとは「フランボワーズ」や「アップルティー」などが私は好きですね。

私は、紅茶の缶がかわいくて好きですね。日本茶にはない、独特な缶ですよね。空き缶だけで飾ってもオシャレです。いろんな種類の茶葉を揃えて気分に合わせて飲みたいですね。

他のお茶もそうですが、紅茶もこの温度で淹れた方が美味しい・・・など美味しく飲むための注意点がありますよね。やはり美味しい紅茶を手に入れたのならば、少しでも美味しく飲めた方がいいよね。そういった点も含めて紅茶の事をもっともっと勉強していきたいと思います。

あとは自宅で出来る簡単アレンジティーも紹介していきたいと思います。

紅茶ブランド

紅茶はいろんなブランドがありますよね。缶入りのものが多く、缶を飾るのもかわいいですよね。
やはり一番有名なブランドは「TWININGS」でしょう。トワイニング社が「アールグレイ」を考えました。
HEDIARDも真っ赤な缶が印象的ですよね。
あとはHarrodsもいいですね。170種以上ある中から自分好みを選びたいところです。
私はアップルやローズが好きですね。
DALLOYAUは、日本だとパンやスイーツの方が有名ですかね。パンやスイーツと一緒に美味しい紅茶を頂くと最高です。缶もシンプルで好きですね。
AHMADTEAのピーチ&パッションフルーツは、とってもフルーティーで美味しいので是非飲んでみて!
あとは忘れちゃいけないのが、日本に初めてやってきたLIPTONですね。こちらが日本人の下には一番なじみのある味ですね。
東インド会社の紅茶も日本では有名かな。あとは、FAUCHON、MARIAGEFRERESもお勧めです。

美味しい紅茶の淹れ方

美味しい紅茶を見つけたら、次は美味しい紅茶の淹れ方ですね。
美味しいものをより美味しく飲む方がとっても賢いです。
まずがお湯の温度ですが、95-98℃がベスト。水面がゆるやかに波打つ感じでいいですよ。

茶葉をティースプーン1杯(ひとり分)入れます。空気が含むように高い位置から注ぎます。
蓋を閉めて3分程度蒸らします。茶葉がジャンピングすると美味しくなります。
ここでは蒸らしてあげて、茶葉を泳がせてあげます。

すると茶葉も広がり美味しくなります。
1杯分だとお湯も少なくなってジャンピングしにくくなるので、一度に2杯くらい作る方がお湯の量が多くなり美味しくなります。ただ茶葉にお湯をつけっぱなしだと美味しくなくなってしまうので、すぐに飲まない時は一度別のポットかコップに移動しておく方がいいと思います。
ポットで無く、蓋がついたカップもあるよね。それもとても便利ですよ。ティーパックなどにとっても便利。しかも蓋ができるので蒸すことができます。

簡単アレンジティー

紅茶っていろいろアレンジがききます。お酒にもなるし、フルーツ系にもとてもよく合います。あとはミルクもとても合います。

お好みの紅茶と炭酸水と混ぜるだけでティーソーダになるよ。甘いのが好きな方は、砂糖やシロップを入れてもいいと思います。
あとは、レモンが紅茶にあうので、同じ柑橘系のオレンジと紅茶も相性ピッタリです。フルーツと紅茶は相性がいいので、イチゴを投入したりするだけでも美味しい紅茶が味わえます。フルーツにティーソーダいれてもジュースの様で美味しいですよ。

また、紅茶にピーチリキュールをいれるだけで、あら不思議美味しいピーチのカクテルに変身。
紅茶に梅酒やワインなんかも意外と美味しいですよ。

あとは、チャイも忘れてはいけません。チャイはミルクだけではなくスパイスが入るので、ミルクティーとは全然違います。作るのはちょっと面倒なんで、美味しいチャイが飲める店に行くのがいいと思うよ。でも頑張れば作れるので興味がある人は頑張って作ってみてください。

紅茶専門店

是非行きたい試飲ができる紅茶専門店
やはり試飲できる紅茶専門店があればそこで試飲して買いたいですよね。
リーフルダージリンハウスは、都内に数店舗あります。今は名古屋でも購入できる店舗があるそうです。通販もやっているので、試飲して美味しかったものをリピートすることも気軽にできますね。

神奈川県にある、紅茶と自然食の店 Mitra Tea Houseでも試飲できるそうです。またこちらには味噌など自然食品も扱っているそうです。不定休なので、行く前に一度電話する方がいいかもしれません。
ってみんながみんな、東京近辺に住んでいませんよね。そこで徳島にも素敵な店を発見しました。 “ECHELON TEA HOUSE”というお店。ほのぼのしたブログをみつけて自分も近かったら行ってみたいなと思えるところです。残念ながら私は徳島には行けそうもない距離なので、いつかいけたらいいなと心の中で思うことにしました。

探したらもっともっといろいろあると思います。
私が今気になっているショップを書いてみました。みなさんも是非お気に入りの紅茶専門店を見つけてくださいね。

素敵なティーカップを見つけたい

美味しい紅茶を飲むならば、素敵なティーカップで飲みたいですね。
食器自体は、本当にその人の好みで良いと思う。
私は、紅茶の色がわかるように内側は絶対に白いものと決めています。

あの綺麗な色を眺めながら飲むのも私は紅茶が好きな一つなので、この茶葉はこんな色か・・というのも楽しいですよ。
あとはポットとお揃いで購入したりもします。
紅茶を始めると食器についてもなんかこだわりたくなりますよね。ただたくさん買うと、食器棚に収まらなくなります。
だから私は、食器を見に行ってこれもいいな、あれもいいなとみるだけで本当に気に入ったものだけ購入するようにしてます。

一人で飲むと器用に、蓋付きのコップもあります。来客用には出せないけど、会社でつかったり家で使うのにはとっても便利です。是非1つは買うべきだと思う。あとは蓋だけではなくて、コップ自体に茶こしがついているものもあります。これもまた便利。
いろいろ見てお好みの食器を見つけてくださいね。

今はいろいろな出会いを楽しめる時代

最近テレビで見たのですが、今はさまざまな婚活パーティーが流行っているそうですね。

婚活焼き肉パーティーとか、婚活ゴルフパーティーみたいなものもあって、驚きました。また、職業を限定したパーティーなんかもあって、見ていると楽しそうです。

しかもパソコンやスマホで、婚活サイトにアクセスして簡単に情報を得ることができますもんね。

それと、今はラインとかフェイスブックで、彼氏がほしいなら世界中の人と簡単に知り合うことができてとても便利ですよね。

資料サイト/結婚したい!けど出会いがない人のための彼女彼氏の作り方ナビ

昔よりも出会いの幅が本当に広がりましたよね。

私なんかは、堅っくるしい典型的なお見合い結婚で、出会いや恋愛を楽しむ余裕なんてありませんでした。

ですから今の若い人たちが本当に羨ましいです。

今みたいに気軽にいろいろな人と出会える時代だったら、もっとたくさんの男性の中から結婚するにふさわしい方を吟味することができたのに・・・なんてのは冗談ですが、出会いを楽しむ場がたくさんあるのは良いことですよね。