紅茶について

実は紅茶も、日本茶も烏龍茶もみんな同じ木なんだよ。学名は「カメリア・シネンシス」といいます。
でも紅茶も日本茶も烏龍茶は、味も香りも違いすぎる・・・なのに同じ木というのはなんだか信じがたいが、本当に同じなので信じるしかない。

じゃあ何が違うのだろうか?それは作り方の違いです。
紅茶は、完全に発酵させます。烏龍茶は、発酵を途中でやめてしまったもの。日本茶は、発酵をしていないもの。
だから烏龍茶は、日本茶と紅茶の間の色なのね。ちょっと納得です。

紅茶に使うお茶の木は、大きく分けてインド種と中国種に分かれます。インド種(アッサム種ともいう)は、先端が尖っていて、葉が大きいです。中国種は、葉が小さ目で、先端も丸みを帯びています。

インド種で有名なのは、アッサムやダージリンじゃないでしょうか?アッサムなどは栽培している地方の名前です。ダージリンは「紅茶のシャンパン」とも言われている銘柄です。日中と朝夕の温度差が激しく、何度も霧がでる地方です。そういった独特の気象条件が生み出した味わいです。
アッサムは、大量の雨が降り、川からの水蒸気が葉っぱを湿らせます。この水分が独特の渋みを作り出します。

産地として有名なのは、スリランカ、中国、ケニア、ジャワなどがあり、日本でも紅茶は作られます。
日本は「べにふうき」というものが有名だと思います。ただあまり数がないのと、他の紅茶よりは割高ですね。でもとても美味しいそうなので一度は飲んでみたいナと思います。

その他に「フレーバーティー」や「ブレンドティー」も有名ですね。
フレーバーティーと言えば何と言っても「アールグレイ」でしょう。ベルガモットの香りが何とも言えません。最初は独特すぎて飲めなかった私でも今では「アールグレイ」好きになりました。病み付きになる味わいですね。
あとは「フランボワーズ」や「アップルティー」などが私は好きですね。

私は、紅茶の缶がかわいくて好きですね。日本茶にはない、独特な缶ですよね。空き缶だけで飾ってもオシャレです。いろんな種類の茶葉を揃えて気分に合わせて飲みたいですね。

他のお茶もそうですが、紅茶もこの温度で淹れた方が美味しい・・・など美味しく飲むための注意点がありますよね。やはり美味しい紅茶を手に入れたのならば、少しでも美味しく飲めた方がいいよね。そういった点も含めて紅茶の事をもっともっと勉強していきたいと思います。

あとは自宅で出来る簡単アレンジティーも紹介していきたいと思います。